会社沿革 会社沿革

ヨークベニマルの歩み

戦後間もない1948(昭和23)年9月、わずか6坪の小さなお店から始まったベニマル商店。「一人のお客さまに誠実を尽くせ、これが野越え山越えの精神である」という創業者大髙善雄が提唱した創業精神は、いつの時代も常に経営判断の根幹にありました。創業から現在、そしてこの先の未来も、決して変わることはありません。

イメージ

イメージ

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
昭和22年6月株式会社 紅丸商店設立
昭和23年9月郡山市中町において創業
昭和38年10月紅丸商事株式会社を設立し、、株式会社 紅丸商店の営業全般を継承
昭和47年11月他県進出第一号店として山形県米沢市に米沢店開設
昭和48年3月株式会社 イトーヨーカ堂と業務提携
昭和48年10月紅丸商事株式会社を「株式会社 ヨークベニマル」に商号変更
昭和50年4月450坪タイプ郊外立地店開設(笹谷店)
昭和51年1月ヨークベニマル労働組合発足
昭和52年12月宮城県進出第一号店として宮城県仙台市に仙台荒巻店開設
昭和55年3月1,000坪タイプ郊外立地店開設(安積町店)
昭和55年11月東京証券取引所市場第二部に上場
昭和59年8月東京証券取引所市場第一部に上場
昭和59年10月株式会社 デニーズ・ジャパンとフランチャイズ契約の下、 外食産業の展開に着手(平成 9年 3月営業譲渡)
昭和60年5月財団法人 ヨークベニマル文化教育事業財団設立
平成元年2月栃木県進出第一号店として栃木県黒磯市に黒磯店開設
平成4年11月地域社会への貢献事業として地域歴史書の発刊事業を始める
平成9年7月食品SMに特化した現在の標準タイプ店舗(750坪)の開発をスタート
平成14年9月福島県のみどりやスーパーを株式交換により完全子会社化(平成18年3月合併)
平成14年11月福島県福島市に「吉倉店」を開設し、店舗数は100店舗へ
平成17年4月茨城県進出第1号店として、水戸市に赤塚店開設
平成17年9月茨城県のスーパーカドヤを株式交換により完全子会社化(平成19年9月合併)
平成18年9月株式交換により、セブン&アイ・ホールディングスグループの事業会社へ
平成19年11月株式会社藤越の全株取得により、業務・資本提携を締結(平成22年2月合併)
平成21年10月外装・内装すべてのデザインを見直したニューフォーマットの店舗開発を「堤下店」からスタート
平成27年2月茨城県牛久市に「ひたち野うしく店」を開設し、店舗数は200店舗へ