先輩の声 先輩の声

グロサリー部加工食品マネジャー 仲田 徳人

バイヤーとして活躍する親友との出会いがきっかけに。

 私は東京都出身ですが、前職のドラッグストア勤務の時、東北地方の店舗で働いていたので、ヨークベニマルは以前から身近な存在でした。しかも、偶然の出会いで高校時代の親友がバイヤーとして活躍していることを知り、ヨークベニマルへの転職を考えるようになりました。

 2015年10月に入社して、現在は加工食品部門のマネジャーとして働いています。商品の仕入れはバイヤーの仕事ですが、どの商品をどれくらい陳列するかは各店のマネジャーに任されています。責任ある立場ですし、売り上げ管理はとてもシビアです。毎時単位でチェックをして目標達成に向けて試行錯誤を繰り返しています。そのためにも、店長との密なコミュニケーションは欠かせません。きめ細かく連絡をとりながら、スピーディーな判断を行い、お客様に喜んでいただける提案に努めています。

近影イメージ

メンバーと真摯に向き合い、よりよい売場づくりを推進。

近影イメージ

 私は、売り上げを管理するだけでなく、マネジャーとして約20名のパート社員のマネジメントも行う立場です。実は、前職では部下のことを思いながら指導したつもりが、かえってつらい思いをさせてしまったことがあったのです。その苦い経験を忘れることなく、現在はメンバー一人ひとりとしっかりと向き合い、発言時には相手の立場になって伝えるように心がけています。

 

 ヨークベニマルの仕事はチームで行うことがほとんどなので、メンバーと一緒によりよい売場をつくっていくことが重要です。そうした日々の積み重ねがあるからこそ、ヨークベニマルは地域の方々に身近な存在として愛され、多くのお客様が毎日のようにご来店くださるのだと思います。今後とも、ご愛顧くださっているお客様の期待にお応えし続けられるようメンバーとともに取り組んでいきます。いつかは入社のきっかけをつくってくれた親友のバイヤーと一緒に仕事ができるようになりたいです。

※役職等は平成28年2月現在のものです